酔生夢死

オタクに幸あれ

君はドリカタイムの光を見たか

 1月10日東京、13日福岡でのDearDreamのライブに行ってきました。

 このあともバトルライブ含め全部行く予定なので、毎日「明日が楽しみ」という気持ちで生きていられるのですが、あまりにも多量の満たされた思いを抱えており、このままでは幸せの摂取しすぎで胃が破裂するので、少しだけライブのことを書いてガス抜きさせてください。

※以下<DearDream 1st live tour ユメノコドウ>の衣装・演出等に関する記述があります。

 

 

 

 

 ライブ中、「ドリカタイム」の映像演出がありました。

 舞台上のスクリーンにD-Fourシアターの客席が映し出され、2次元の観客が持つペンライトからドリカが発射(物理)される、いつものあのアニメ映像です。

 それに合わせて、私たち3次元の観客も皆思い思いのドリカを差したペンライトを光らせ、胸の前に掲げます。ここでのドリフェスのオタクは本当に健気でかわいい。

 そして映像ではDearDreamがドリカをキャッチ。変身シーンを終えると、なんということでしょう、舞台にファイブスタービート*1の衣装を身に纏ったDearDreamが登場したではありませんか。

 何度も説明しますが、『ドリフェス!』には、ファンが 贈る(物理的に発射させる)「ドリカ」をアイドルが受け取って、その衣装に着替えるシステムがあります。下の動画は開始位置を設定してあるので、ここから2分ほど見てもらえればわかります。

 

 

 これが、現実でおこなわれてしまったのです。

 私たちの贈ったドリカ(概念)をアイドルがキャッチして着替えたよ、という演出なんです。

 ファンミ03でもAGFでも同じような雰囲気はあったのですが、今回はアニメで描かれているD-FourシアターのモデルがTDCホールということも相まって、とにかくすごくて、ハア…………みたいな感じですよ。感嘆の声しか書きようがない。この気持ちを表現するにふさわしい、新しい形容詞がほしい。

 

  このデジャ・ヴュ(あるいはジャメ・ヴュ)だけでもすさまじい驚きと感動なのに、私はこの日のライブ前、引いてしまっていたんですよ。

 

f:id:mihoko_le:20180421025555j:image

  そう、ファイブスタービートを。

  あの瞬間、ドリカペンライトに入れて光らせていたんですよ、ファイブスタービートを。

  同じカードを入れて掲げていた方は絶対に仰け反ったと思います。「もしかして、私のドリカを……!?」って。だよね? 絶対そうでしょ? すごい。5次元だ。いかれてる。ドリフェスくんは天才。ロックにもほどがある。好き。ほんと好き。

  もう参加してドリカタイムを経験したひとも、今後参加してこれを経験する未来があるひとにも、最高超えた明日が待っていますように!みたいな、世界平和を願うような言葉が出てしまうほど私は幸せです。どうかツアーが最終日まで無事におこなわれますように!!!!!!!