読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニスのこと

テニプリを愛するすべての人に幸あれ

2016再生回数ランキング(私のiPod調べ)

 2016年にリリースされた『新テニスの王子様』関連楽曲(松竹梅アルバム収録曲とミュージカル関連楽曲を除く)50曲の中から、私のiPodで最も多く再生されたのはどれかを調べました。

 発売日が早いほうが再生回数は多いのは当然かと思いましたが、そうでもないなと感じる結果だったので、調整はしていません。

 2016年にリリースされた50曲はこちらです。この中から、再生回数上位10曲を発表します。

f:id:mihoko_le:20161231140646p:plain

 

第10位 勝利への花道/越知月光&毛利寿三郎 37回

 2016年は越知月光大躍進の年でした。この曲はキャラクターらしさが出ている歌詞とはお世辞にも言えませんが、テニプリフェスタで「ハッ!ハッ!ハッ!マッハ!」等の掛け声を叫ぶための練習として、たくさん聞きました。リミックスバージョンは法螺貝の音が入っているので、よりいっそう合戦らしさがあります。

勝利への花道

勝利への花道

 

 

第9位 Brave heart ~Ballade Version~/許斐剛 with 白石蔵ノ介 45回 

  1月のテニプリフェスタで披露された、テじゃ俺300の別アレンジバージョン。憎らしいくらいに白石のバラードが良く、許斐先生の歌声とともに美しいハーモニーを奏でていました。出だしのフ~~ってところからして最高なので、何度も聞いてしまいます。

 

第8位 No.8 ~処刑人~/遠野篤京 47回

 テニフェスで聞きたかった高校生楽曲ナンバーワン。ゆったりとしたメロディーから始まり、突然激しい音楽に変わってラップが入ってきたり、やたらと長い間奏に遠野篤京の名台詞がぶちこまれていたり、いろいろと雑すぎて癖になり、気付けば何十回も聞いていました。彼の声は、とても魅力的な伸びのある高音なのに、なぜか歌はあまり上手くないというところがじわじわきます。ぜひとも聞いてほしい一曲。

THE BEST OF U-17 PLAYERS XV Atsukyo Tono

THE BEST OF U-17 PLAYERS XV Atsukyo Tono

 

 

第7位 Pirates of the World /平等院鳳凰 51回 

 テニフェスでスタンドマイク使うお頭がとても格好良かったので、いまでもこの曲を聞くたびにあの光景を思い出しています。テニフェス前よりも、後のほうがたくさん聞いているような気がします。声優さんの、平等院鳳凰に対するコメントがとても良いので、ぜひCDのほうで聞いてほしいところです。

THE BEST OF U-17 PLAYERS XIHouou Byodoin

THE BEST OF U-17 PLAYERS XIHouou Byodoin

 

 

第6位 夏の色/君島育斗 55回

 これも、遠野篤京とともにテニフェスで聞きたかった楽曲です。許斐先生がメロディーまで考えていたとのことですが、CDでは作詞・作曲ともに別の方でした。それでも、「真夏の光サンサン浴びて~」のあのフレーズはしっかり入っており、「君島育斗が、アイドルのキミ様として歌っている」楽曲と言えます。昨今のアイドルアニメ等でよく見られるタイプのキャラクターソングですが、テニプリ関連楽曲では当然初めてのつくり。新鮮な気持ちで聞ける曲です。

THE BEST OF U-17 PLAYERS XIV Ikuto Kimijima

THE BEST OF U-17 PLAYERS XIV Ikuto Kimijima

 

 

第5位 メガネ☆アフロ/メガネ☆セブン 61回

 冒頭の「鳴り物入りで通ります」という歌詞で、木手永四郎がランウェイを歩くセクシーな姿を想像してしまい、ため息が出ます。低音を出す旧眼鏡'sの3人に、越前・柳生・木手の高音が加わり、さらに小春がいろいろぶちこわすという奇跡のような組み合わせ。メガネ☆セブンの今後の活躍が楽しみになる一曲です。

メガネ☆アフロ

メガネ☆アフロ

 

 

第4位 瞬間フォーリンラブ/宍戸亮 62回

 心が犬になってしまいます。

新テニスの王子様「I’ll be right here」

新テニスの王子様「I’ll be right here」

 

 

第3位 Grand Slam ~Rock Version~/許斐剛 with 不二周助 80回 

 これも1月の一人テニプリフェスタで歌われた、バージョン違いの楽曲です。原曲が静かなバラードだっただけに、新アレンジの格好良さに皆震えたのではないでしょうか。何度聞いても「格好良い」という思いが薄れず、むしろ滾々と湧き出てきます。

 

第2位 Bring it on!/宍戸亮鳳長太郎 112回

 Brandnew DaysやNext Gate、W-rainbowには描かれてこなかった、試合中のふたりのすがたが歌われています。もうめちゃくちゃに格好良い。テニスの王子様のキャラクターソングはこうあるべき、というお手本です。宍戸のダッシュを「瞬間と瞬間を超えろ」と歌っていたり、スカッドサーブを「空の果てから撃ち落とすように」と表現していたりと、とにかくめちゃくちゃに格好良い。私の思い描く宍戸と鳳のテニスが、関係が、ここにありました。信じられないくらい格好良い。もう本当に格好良い。大好きです。

 

第1位 テニプリ✬パラダイス/テニプリオールスターズ 113回 

 テニプリフェスタ2016の応援ソングですが、発売から本番まで2週間ほどしかなかったこともあり、ひたすらに聞いて、歌詞と振付を覚えました。こういったユニットに金ちゃんが入るととても華やかになるので、今後もテニプリオールスターズで楽曲を出すときには金ちゃんをメンバーにしてほしいと願います。

テニプリ☆パラダイス

テニプリ☆パラダイス

 

 

 以上、2016年の新曲再生回数でした。

 なお、全体での再生回数1位は「一人テニプリフェスタ~ハッピーメディアクリエイター」でした。今年はフェスタと名のつくイベントが3度もあり、常にお祭り気分を味わっているような一年でした。今年も本当に楽しかったです。来年も、この先もずっとテニスの王子様テニスの王子様を愛する人にたくさんの幸せがありますように!