読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニスのこと

テニプリを愛するすべての人に幸あれ

2.5次元化かくあるべし

 

音楽劇「金色のコルダ Blue♪Sky Second Stage」、通称コルステのイメージ映像です。

 

 今作は、昨年9月に上演された同作「First Stage」の続編にあたります。前回が東日本大会で、今回は全国大会準決勝です。

 あいだにスピンオフ作品「Prelude of 至誠館」公演をはさみましたが、これは「First Stage」の前日譚だったこともあり、「Second Stage」の内容にはかかわってきません。 ですので、「First Stage」だけ観れば流れはきちんとわかります。もちろん今作の冒頭にハイライトもありますが、いまなら「First Stage」もお手軽に見られるようです。こちらも素晴らしいのでぜひ。

  DVDもあるよ。

 

 1作目の感想(「2.75次元」?――声と音が加えた0.25次元)では、声と楽器の音色、ふたつの音が持つ力の大きさを感じさせられたと書きました。今作は楽器も増え、ストーリーに即した楽曲が選ばれ、さらに音に圧倒される2時間となっています。

 今回は、「ゲームの2.5次元化」という点を中心に、コルステSecond Stageの話をしたいと思います。

 

1.ストーリーの再構成

 これまでの2作品と比較して、ストーリーがさらにわかりやすくなりました。場面の切り替わりがはっきりしており、話の流れがつかみやすいので、『コルダ』をよく知らない人でも、よりいっそう世界に入りやすくなったのではないでしょうか。

 原作は恋愛シミュレーションゲームなので、攻略キャラクターによってストーリーが微妙に変化していきます。ファンディスクもあるのでなおのこと。ゲームから派生したアニメは一本筋ですが、その分キャラクターの掘り下げなどは物足りません。そういった、いくつにも分岐している物語のエピソードを取捨選択して、「ここぞ」という要素を切り出し2時間にまとめた、脚本・演出のすばらしさが際立っていました。

 たとえば、星奏学院部長の如月律。今回の舞台において、彼に関するエピソードは、『金色のコルダ3』(以下、本編)ではなく、ファンディスクの『金色のコルダ3 AnotherSky feat.神南』に即したものがほとんどでした。本編やアニメではなく、なぜファンディスクだったのでしょうか。それは、ファンディスクが、如月律の人間性を最も細かく描写しているからではないかと考えます。本編の恋愛攻略対象12人に対して、ファンディスクの攻略対象は5人。そのぶん一人ひとりの心情が丁寧に描かれています。如月律の葛藤や、それを克服していく様子もドラマティックです。乙女ゲーム的な萌えも多いうえに、舞台映えする物語。これを採用する想像はしていなかったので驚きましたが、とても良い選択だったと思います。(だからこそ、舞台の主人公が響也なのが惜しい、ここはかなでちゃんとのやりとりが見たかった、と思うシーンもあるのですが……)

 美味しいものの美味しいところだけを集めて美味しく調理して食べる。そんなストーリーの再構成がなされ、とても簡潔で面白い作品となっていました。

 

 

2.キャラクタービジュアルについて

 ネオロマンスゲームには、現実的ではない髪色や瞳の色をしたキャラクターがたくさん出てきます。現代日本を舞台にした『コルダ』も、例外ではありません。

ヴォーカル集 金色のコルダ3~旋律は深く甘美く~ 金色のコルダ3~スクールシリーズ1~星奏学院編~

 こういったむちゃくちゃなキャラクターのビジュアルを、ウィッグやカラーコンタクトを使い忠実に再現するのが、2.5次元の仕事です。

「実写化」と「2.5次元化」の違いは、こういった点ではないかと考えています。

「実写化」は、言い換えれば三次元化。実写化された映画やドラマでは、二次元のキャラクターたちは、現実にいても違和感のないように、三次元の世界を生きていても自然なように表現されます。テニプリ実写映画の大石の髪型がわかりやすい例ですが、多くの人が「(現実では)ありえない」と思う要素は排除されがちです。

実写化する際には、そういうタイプの人たちが「本当だ」と思える範囲内に物語を収めるよう改変されることが多いです。さらに言うと、気楽に見られる媒体であればあるほど、ターゲット層の「リアリティの範囲」「感情移入出来る主人公の設定」は狭まっていく傾向があります。

実写映画化やスピンオフなどの派生作品についての私見: 梅枝庵

 一方の「2.5次元化」がなされるのは、劇場というせまい空間。 映画と比べて観賞料金が高く、座席数も限られる2.5次元舞台に足を運ぶのは、そういうものが好きな人だけです。ですから、リアリティを追求する必要はないのです。むしろ、劇場という空間=作品の世界に現実味を持ち込むことは無粋ともいえます。「(現実では)ありえない」要素があることが大切なのです。

 その点、コルステは、2.5次元に求められることを本当によく理解しています。舞台上のキャラクタービジュアルが暴力的なほど二次元なのです。好みや感じ方は人それぞれだとは思いますが、キャラクターのかたちを再現しようという制作側の強い意思がひしひしと伝わってきました。

 

 もちろん、ふだん見ているテニミュのキャラクター再現もすばらしいです。しかし、テニミュの場合は、原作が比較的地に足着いたビジュアルなためか、演者のもともとの外見的要素をそこまで消していないように感じます。

 たとえば、越前リョーマは演者の地毛で演じられていますが、公演期間中に髪が伸びてきて原作よりももっさりしていたり、逆にちょっと切りすぎていたりすることがあります。どことなく、三次元としての「生(なま/せい)」を感じられるつくりになっています。

 そもそも、テニミュの演者に関しては「ビジュアルも大切だけど、最終的にはそこではない」「キャラクターとしての軸を持っているかどうか」「キャラクターの素養があるか」キャラクターの「生」と「2.5次元」について - テニスのこと)といった選ばれ方をされているらしいので、舞台上でのキャラクター再現も、ビジュアルより行動や魂重視で行なっているのかもしれません。公演期間=キャラクターとして存在する期間が長く、演者の成長を売りにもしているテニミュは、おそらく他の2.5次元舞台とはすこし異なる存在なのでしょう。

 

 話をコルステに戻します。コルステはテニミュと違って公演期間が短く、役者の成長を待っている時間などありません。ですから、まず出だしのビジュアルでファンを殴ってくるのです。ビジュアルだけで「いる」と感じさせてくるのです。三次元の役者の生をぎりぎりまで殺し、キャラクターを降ろしているように見えるのです。

金色のコルダ3~スクールシリーズ4~天音学園~

 顕著な例が冥加玲士です。これの真ん中の赤髪が冥加玲士なのですが、この男の舞台での立ち位置が本当に良い。ヒロインと因縁があり、ことあるごとに悪態をつきに出てくるこの冥加玲士。今作の舞台は準決勝ですが、冥加玲士は主人公たちが決勝戦で戦う相手です。ですので、今回は「次の相手は天上の音色を奏でる男……星奏学院は、冥加率いる天音学園を倒し優勝することができるのか……!?」という“引き”のために出ています。「テニミュ1stシーズン関東立海夏公演の比嘉」で伝わるでしょうか。ポジションがそうなので、最後の挨拶までも態度が“キャラ”のまま一貫しており、まさに2007年夏のあれに似た感覚。

 そして、この男の、スプレーでガチガチに固められているような前髪が、歩くたびにゆらゆらとゆれるのです。それも、「三次元だから前髪が揺れている」のではなく、「二次元の冥加玲士も前髪が揺れるんだ……」と思わせる揺れ方なのです。何を言っているのかわからないと思いますが、とにかく観ればわかります。

 音、ストーリー、ビジュアル。コルステでは、さまざまな要素が極上のハーモニーを奏でています。2.5次元化はこうあるべきなのだと、しみじみ感じさせられるつくりでした。

 
 なんと今なら1600円でこの映像が見られます。劇場で上演されているものがリアルタイムで観られて、さらにあとからも観られるなんて、すごい時代になりました。

  舞台を見たらこれもやってください。

 

2016再生回数ランキング(私のiPod調べ)

 2016年にリリースされた『新テニスの王子様』関連楽曲(松竹梅アルバム収録曲とミュージカル関連楽曲を除く)50曲の中から、私のiPodで最も多く再生されたのはどれかを調べました。

 発売日が早いほうが再生回数は多いのは当然かと思いましたが、そうでもないなと感じる結果だったので、調整はしていません。

 2016年にリリースされた50曲はこちらです。この中から、再生回数上位10曲を発表します。

f:id:mihoko_le:20161231140646p:plain

 

第10位 勝利への花道/越知月光&毛利寿三郎 37回

 2016年は越知月光大躍進の年でした。この曲はキャラクターらしさが出ている歌詞とはお世辞にも言えませんが、テニプリフェスタで「ハッ!ハッ!ハッ!マッハ!」等の掛け声を叫ぶための練習として、たくさん聞きました。リミックスバージョンは法螺貝の音が入っているので、よりいっそう合戦らしさがあります。

勝利への花道

勝利への花道

 

 

第9位 Brave heart ~Ballade Version~/許斐剛 with 白石蔵ノ介 45回 

  1月のテニプリフェスタで披露された、テじゃ俺300の別アレンジバージョン。憎らしいくらいに白石のバラードが良く、許斐先生の歌声とともに美しいハーモニーを奏でていました。出だしのフ~~ってところからして最高なので、何度も聞いてしまいます。

 

第8位 No.8 ~処刑人~/遠野篤京 47回

 テニフェスで聞きたかった高校生楽曲ナンバーワン。ゆったりとしたメロディーから始まり、突然激しい音楽に変わってラップが入ってきたり、やたらと長い間奏に遠野篤京の名台詞がぶちこまれていたり、いろいろと雑すぎて癖になり、気付けば何十回も聞いていました。彼の声は、とても魅力的な伸びのある高音なのに、なぜか歌はあまり上手くないというところがじわじわきます。ぜひとも聞いてほしい一曲。

THE BEST OF U-17 PLAYERS XV Atsukyo Tono

THE BEST OF U-17 PLAYERS XV Atsukyo Tono

 

 

第7位 Pirates of the World /平等院鳳凰 51回 

 テニフェスでスタンドマイク使うお頭がとても格好良かったので、いまでもこの曲を聞くたびにあの光景を思い出しています。テニフェス前よりも、後のほうがたくさん聞いているような気がします。声優さんの、平等院鳳凰に対するコメントがとても良いので、ぜひCDのほうで聞いてほしいところです。

THE BEST OF U-17 PLAYERS XIHouou Byodoin

THE BEST OF U-17 PLAYERS XIHouou Byodoin

 

 

第6位 夏の色/君島育斗 55回

 これも、遠野篤京とともにテニフェスで聞きたかった楽曲です。許斐先生がメロディーまで考えていたとのことですが、CDでは作詞・作曲ともに別の方でした。それでも、「真夏の光サンサン浴びて~」のあのフレーズはしっかり入っており、「君島育斗が、アイドルのキミ様として歌っている」楽曲と言えます。昨今のアイドルアニメ等でよく見られるタイプのキャラクターソングですが、テニプリ関連楽曲では当然初めてのつくり。新鮮な気持ちで聞ける曲です。

THE BEST OF U-17 PLAYERS XIV Ikuto Kimijima

THE BEST OF U-17 PLAYERS XIV Ikuto Kimijima

 

 

第5位 メガネ☆アフロ/メガネ☆セブン 61回

 冒頭の「鳴り物入りで通ります」という歌詞で、木手永四郎がランウェイを歩くセクシーな姿を想像してしまい、ため息が出ます。低音を出す旧眼鏡'sの3人に、越前・柳生・木手の高音が加わり、さらに小春がいろいろぶちこわすという奇跡のような組み合わせ。メガネ☆セブンの今後の活躍が楽しみになる一曲です。

メガネ☆アフロ

メガネ☆アフロ

 

 

第4位 瞬間フォーリンラブ/宍戸亮 62回

 心が犬になってしまいます。

新テニスの王子様「I’ll be right here」

新テニスの王子様「I’ll be right here」

 

 

第3位 Grand Slam ~Rock Version~/許斐剛 with 不二周助 80回 

 これも1月の一人テニプリフェスタで歌われた、バージョン違いの楽曲です。原曲が静かなバラードだっただけに、新アレンジの格好良さに皆震えたのではないでしょうか。何度聞いても「格好良い」という思いが薄れず、むしろ滾々と湧き出てきます。

 

第2位 Bring it on!/宍戸亮鳳長太郎 112回

 Brandnew DaysやNext Gate、W-rainbowには描かれてこなかった、試合中のふたりのすがたが歌われています。もうめちゃくちゃに格好良い。テニスの王子様のキャラクターソングはこうあるべき、というお手本です。宍戸のダッシュを「瞬間と瞬間を超えろ」と歌っていたり、スカッドサーブを「空の果てから撃ち落とすように」と表現していたりと、とにかくめちゃくちゃに格好良い。私の思い描く宍戸と鳳のテニスが、関係が、ここにありました。信じられないくらい格好良い。もう本当に格好良い。大好きです。

 

第1位 テニプリ✬パラダイス/テニプリオールスターズ 113回 

 テニプリフェスタ2016の応援ソングですが、発売から本番まで2週間ほどしかなかったこともあり、ひたすらに聞いて、歌詞と振付を覚えました。こういったユニットに金ちゃんが入るととても華やかになるので、今後もテニプリオールスターズで楽曲を出すときには金ちゃんをメンバーにしてほしいと願います。

テニプリ☆パラダイス

テニプリ☆パラダイス

 

 

 以上、2016年の新曲再生回数でした。

 なお、全体での再生回数1位は「一人テニプリフェスタ~ハッピーメディアクリエイター」でした。今年はフェスタと名のつくイベントが3度もあり、常にお祭り気分を味わっているような一年でした。今年も本当に楽しかったです。来年も、この先もずっとテニスの王子様テニスの王子様を愛する人にたくさんの幸せがありますように!

ボールが見えた

 

DUNLOP(ダンロップ) 硬式テニスボール SAFETY TOP FORT [ フォート缶 ] 1缶(2球入)

 

 ボールが見えた。絶対に見えた。完全に“ボール”を見た。

 

 先日、「ミュージカル『テニスの王子様』3rd season 青学VS六角」をアリーナ最前列センターブロックで観た。

 そのとき、“ボール”が、舞台の上から滑りおちるように私の足元へやってきた。海堂がラケットを振っていたので、おそらくS3試合中に彼が取り逃した球だったのだろうと思う。“ボール”がコートで弾む音もいつになく鮮明だった。私ははっとして足を少し浮かせたし、隣に座っていた人もびくりと身をすくませ、声を呑んでいた。そこには、“ボール”があった。もはや本物の“テニスボール”だった。

 テニミュにおいて、試合のラリーシーン等に登場するボールは、ほとんどが照明で表現されている。だから、私の足元へ落ちてきたのも、ボールではなく、ピンスポットの光だ。照明が、たまたま私の足元を照らしただけだ。それはわかっているのに、音と、光と、文字通り目の前にいる海堂薫の動きや表情、舞台上と客席の空気が全部合わさって、本当にボールが見えたような気がしてならない。

 テニミュのボールは見える人(=テニミュに好意的な人)には見えるとされ、私も散々見える見えると言ってきたが、これまで口先だけで話していたのとは全く違う「見える」体験が、そこにあった。例えるなら、ブーメランスネイクで足元をボールが通っていった審判や、波動球をくらった河村が近くに飛んできた観客のような気持ち。ほかのことを考える余裕もなく、「“ボール”がとんできた!」と感じた。

 ストーリーやキャラクター云々ではなく、こういった面でも、『テニスの王子様』の世界を感じさせてもらえるのは、とても嬉しい。最近流行りのVRとはたぶんまた違う、生の感動を、これからも味わいたいとしみじみ思う。

2016年テニプリ新語・流行語大賞

テニプリ アンケート結果

  2016年テニプリ新語・流行語大賞は、2015年12月から2016年11月までの間に、テニプリ公式(原作者・漫画・アニメ・ミュージカル・グッズ等)から発せられたことばのなかで、多くの人の心を動かし、一年間を象徴するにふさわしい語を選ぶものです。

 今年も数ある名言のなかから、「ハッピーメディアクリエイター」「彼らは本当にいるんです」「悲しいね…キミが近すぎて」「もぬもぬ」「やれ! Do it!!」「ギリッ…シャ」「パラダイス」「シャカリキ・ファイト・ブンブン」「ブリザード」「跡部様」の10語を選出し、ひとつに投票していただきました。

 

 投票の結果、2016年の年間大賞を獲ったのは、こちらの語です。

f:id:mihoko_le:20161125004537p:plain

 日吉若のキャラクターソング「やれ!Do it!!」が568票を獲得し、1位となりました。その他の得票数は下図のとおりです。

f:id:mihoko_le:20161125005122p:plain

 他を大きく離しているのは、1位の「やれ! Do it!!」以外に、テニミュから「シャカリキファイトブンブン」、そして許斐先生の職業「ハッピーメディアクリエイター」です。「ハッピーメディアクリエイター」の初出は2014年3月と記憶していますが、2016年は楽曲「ハッピーメディアクリエイター時々漫画家」を披露したほか、その言葉を強く意識させるイベント等が数回にわたり開催されたためノミネートに至りました。

 なお、この10語以外にノミネート候補となった語は「どーやら今宵は満月になりそうだ」「3年A組」「制作総指揮許斐剛」「常勝の海より龍虎立つ」「ハッピーメディアサポーター」でした。

 

用語の解説

やれ!ドゥーイット!!【やれ! Do it!!】

日吉若のアルバム『下剋上*1に収録されている楽曲のひとつ。10月15日・16日に開催された「テニプリフェスタ2016」でのパフォーマンスが話題となり、19日にはiTunesのアニメ部門ダウンロード数で1位を獲得した*2

 

シャカリキ・ファイト・ブンブン【シャカリキ・ファイト・ブンブン】

「ミュージカル『テニスの王子様』」3rdシーズン青学VS山吹」公演より使用されたアンコール曲のタイトル。また、その曲中に登場する一節のこと。

 

ハッピーメディアクリエイター【ハッピーメディアクリエイター】

許斐剛先生の職業のうちのひとつ。

②「ハイパーメディアクリエイター高城剛氏は、現在の肩書きがつく以前に「ハッピーメディア・クリエイター」を名乗っていたとされている。*3

 

 かれらはほんとうにいるんです【彼らは本当にいるんです】

1月に開催された「許斐 剛☆サプライズLIVE ~一人テニプリフェスタ~」において、3DCGのキャラクターがリアルタイムのモーションキャプチャーで動いていたことから、許斐剛先生が発した言葉。この発言はDVD・BDにも収録されている。*4

 

かなしいね…キミがちかすぎて【悲しいね…キミが近すぎて】

許斐剛先生のサードシングル。*51月のライブで初披露。その際、「マンガの中のキャラクターが読者のことをほんのり好きになる」歌詞と紹介された。

 

あとべさま【跡部様】

跡部景吾のこと。毎年流行語にノミネートされている。

 

ギリッ…シャ【ギリッ…シャ】

『新テニスの王子様』Golden age180話*6において、ギリシャ代表選手タラッタ・ヘラクレスが放ったサーブの構えおよびインパクト時の効果音。なお、このサーブで放たれたボールがバウンドする時の効果音は「ギリシャ」である。

 

リザード【ブリザード

①「ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン青学VS氷帝」公演中に歌われる楽曲のワンフレーズ。

使用例:「昨日はマチソワブリザード浴びた」「もう1か月も氷帝見てないからさすがにブリザード浴びたい」

②大吹雪・暴風雪。*7

 

もぬもぬ【もぬもぬ】

「ハッピーメディアクリエイター時々漫画家」*8歌詞中の一節。既存の日本語にはない語で、副詞のはたらきをしていると見られる。詳細は「もぬもぬ」についての記事を確認のこと。

 

 

以上です。

アンケートの拡散および回答にご協力くださったみなさま、ありがとうございました。

今年は許斐先生関連の言葉が際立った一年のように感じられます。また、年間大賞の日吉若をはじめ、越知月光や跡部景吾など、氷帝学園の活躍も目立ちました。来年はいったいどんな名言がでてくるのか楽しみですね。

それでは、テニプリフェスタ2016において、昨年の年間大賞「財前ワンダホー」が発声されたことを祝い、2016年テニプリ新語・流行語大賞の発表記事を締めさせていただきます。来年もテニプリにとってすばらしい一年になりますように。

 

※当企画は個人の趣味でおこなっているものであり、公式とは一切関係ありません。

★選考協力:井田さん・うみさん・しーかさん・しぶやさん・ナツさん

*1:

新テニスの王子様「下剋上」

新テニスの王子様「下剋上」

 

*2:https://twitter.com/MasamiPnck/status/788409650513186816

*3:

ウメカニズム―楳図かずお大解剖

ウメカニズム―楳図かずお大解剖

 

 

*4: 

 

*5:

悲しいね・・・キミが近すぎて(DVD付)

悲しいね・・・キミが近すぎて(DVD付)

 

*6: 

新テニスの王子様 18 (ジャンプコミックス)

新テニスの王子様 18 (ジャンプコミックス)

 

*7:blizzardの意味 - 英和辞典 Weblio辞書

*8:

 

威を借られる虎

2.5次元

 劇団の女優をしていた友人がいる。彼女は、私がテニミュのファンだと話した数年前、苦笑いで「ああ、テニス」と言った。「舞台関係の人は、だいたい『ああはいはい、テニスね』って感じでいるよ」とも。

 彼女はその後劇団を辞めてしまったので、いま業界でテニミュがどう扱われているのかはわからない。だが、一市民として感じるのは、テニミュは色眼鏡だということだ。

 

 そんなことを思い出したきっかけが、このツイートだった。

f:id:mihoko_le:20161123123617j:plain

 該当ツイートはすでに削除されており、代わりに下記のコメントが投稿されている。

 

 この投稿から「テニスはいらない」だけを切り取ると、立派なニュースの見出しができあがる。それくらいインパクトのある表現だ。

 「彼」とは、小越さんのことをさしている。「彼の履歴書にテニスはいらない」という文は、小越さんがすでに『テニミュ』を離れたところで活躍し、評価されている証拠だ。続く「経歴とか投げ捨てて純粋な目で彼を見たい」との言葉は、プラスにもマイナスにも捉えらえるが、このツイートをした方が『テニミュ』という色眼鏡をもっているからこそ生まれたのだろう。

 

  世の中にはさまざまな色眼鏡がある。芸能人の名前の前につく「元タカラジェンヌ」「仮面ライダー出身俳優」「朝ドラ主演女優」「東大出身」などは、視聴者にある種の先入観を植え付けはするが、その人物の経歴に華を添え、箔をつける役割を担っているだろう。

 そういった色眼鏡のひとつに「テニミュ出身」がある。

 最近は、「あの斎藤工さんや城田優さんも出演していた『テニミュ』」などと、出身俳優の名前が『テニミュ』の枕詞になることも多い。この場合、彼ら「“テニミュ出身”者の名前」が、『テニミュ』に箔を付けている。

 では、「テニミュ出身」の肩書きは、芸能人としてのテニミュ出身者の価値を高めているのだろうか。

 

 ここで、さきほどの小越さんに関する発言を思い出したい。「経歴とか投げ捨てて純粋な目で彼を見たい」とは、『テニミュ』に出ていたことが、彼の演技を観る際になんらかの影響を与えており、それを抜きにして現在の彼を評価したい、という意味だろう。実際に、「彼を称する時に過去の偉業を持ち出さなくても今の彼は誰もが目を見張るほど素晴らしい」との投稿が追加されている。

テニミュ出身」という肩書きは下駄になりうるかもしれないが、4年間で500公演以上を主演したという「偉業」は、小越さん自信がテニミュでつけた箔だ。つまり、小越さんは、『テニミュ』を通して自らの存在に箔をつけたのだ。単なる「テニミュ出身」とは異なる肩書を、彼は持っている。彼はプリンス・オブ・テニミュと呼ばれるほど『テニミュ』に貢献した人間だが、今後はその「偉業」を超える活躍を期待されているのだろう。

 

 では、あらためて「テニミュ出身」の肩書きは、芸能人としてのテニミュ出身者の価値を高めているか考えてみたい。テニミュはメチャメチャアツくて、キャストさんもスタッフさんもマジでがんばってて、テニスの王子様は本当に最高で、ここらへんの界隈では超名門のアカデミーみたいな感じの存在だってことを、私たちファンは誇りにしている。しかし実際には、私たちが思っているほど、「テニミュ出身」はご立派な肩書きではないのかもしれない。だからこそ、出演者だけでなく、その中身も見て、評価してほしいと思う。

 

 2か月前まで越前リョーマを演じていた古田さんは、このように語っている。*1

憧れだったテニミュ。そりゃこれくらいの年代で役者やってて男の子だったら出たいよ。

 オタク冥利に尽きるお言葉。

 テニミュが「そりゃこれくらいの年代で役者やってたら出たい」「憧れ」の存在であり続けると同時に、「テニミュ出身」の肩書きが、彼ら出演者にとっての威となるよう、ひとりのファンとして願っている。

 テニミュよ、威を借られる虎たれ。